腰痛、肩こり、手足のしびれなら 川崎市中原区の元住吉整体院へ!!                             この日記を読んだ方が、少しでも元気になれば最高です!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『顎関節症』(あごの痛み)の原因
2009年12月02日 (水) | 編集 |
お口を開けるのも大変なあごの痛みといえば、、、
そうです『顎関節症』です。

『顎関節症』とは、顎関節や咀嚼(そしゃく)筋の疼痛、関節動作音(雑音)、
開口障害ないし顎関節運動異常を主要な症候とする慢性疾患群の総括的診断名
ということになります。
簡単に言うと、あごの関節(顎関節)周辺において「あごが痛い」
「あごが鳴る」「口が開けづらい」などの症状がある慢性的な疾患です。
その原因の一つとしては、
睡眠中に極度に歯を噛み締めてしまう事による
咀嚼(そしゃく)筋障害にあります。

『顎関節症』は顎の関節障害や歯の噛み合わせ、それから顎の筋肉の問題など、
様々な原因が考えられますので、
原因をひとつに限定することが非常に難しい疾患になります。
その為、人間の身体の構造上、事故や怪我などの激しい外傷等がない限り
パーツの顎の関節が壊れることはありえません。
また、事故や怪我などで外傷がある場合には病院での検査をお勧めします。
ただし、外傷が無いにも関わらずあごに違和感や痛みが
ある場合は当院での改善は可能と考えます。


美味しいものを食べる為!!
辛い痛みは我慢せずに、是非解消致しましょう!!

元住吉整体院↓↓↓
http://www.motosumiyoshi-seitai.com/index.html
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。