腰痛、肩こり、手足のしびれなら 川崎市中原区の元住吉整体院へ!!                             この日記を読んだ方が、少しでも元気になれば最高です!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『整形外科さんの対応の変化』の巻
2009年12月10日 (木) | 編集 |
こないだの休みにテレビを見ていました。
腰痛にしても他の症状にしても整形外科さんの考え方というか治療のやり方が変わってきた気がします。

具体的にいいますと、今までだと
ギックリ腰の原因=ヘルニアや椎間板の損傷など
迷信であると判明したが未だに言われている

これがいまや原因のほとんどが筋肉の極度の緊張によるものとしているお医者さんが増えているのです!

火曜日のお昼に「変形性膝関節症」を取り上げた番組を見ました。
膝が痛くなるアレです。
いわゆる膝の軟骨がすり減って、骨同士がぶつかって痛みが出る。
ここまでは今まで通り。

ここからがいつもと雰囲気が違う。
「しかし、ほとんどのかたが筋力低下によるものですから、筋肉を鍛えること、同時に柔軟性を高めることが症状の改善や予防につながるのです!」
いやぁ、有り難うございます!

僕らがいくら現場で言ってもなかなか信じてもらえません。
だからテレビで正しい情報を言ってくれるのが本当に有り難いです。

雑誌で言われている「歪み」や「骨盤のズレ」ほど曖昧なものはありません。
ズレや歪みを正すためのものがゆらゆら体操でいいの?
体操で何とかなるのって筋肉じゃないの?

正しい情報をキチンと伝える。それが患者さんにとって何よりの利益になる。
僕は時代の向かい風に向かっていますが、これが僕の信念である以上は向かい続けます。

また新しい、そして正しい情報がわかればすぐに方向転換しますが。

整形外科さんでも注射や痛み止めだけでなく、リハビリを中心にやっているところが増えている。
どんなことでも患者さんがよくなるのならそれが一番です。

「治っていくのを邪魔しないために勉強しなきゃ」
最近某ブログで見たこの言葉が忘れられません。

さ、勉強勉強!!


明日は先輩が婚姻届にハンコを押します!!
元住吉整体院

http://www.motosumiyoshi-seitai.com/
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。