腰痛、肩こり、手足のしびれなら 川崎市中原区の元住吉整体院へ!!                             この日記を読んだ方が、少しでも元気になれば最高です!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歪みは「ゆがみ」じゃなく「ひずみ」だった
2011年04月13日 (水) | 編集 |
いきなりですが、僕たち人間は動物です。
動いてなんぼ、なのです。

カラダを動かさない時間が増えている現代社会、どうしてもカラダにその歪み(ひずみ)が出てしまいます。

その代表的なものが「肩こり、腰痛」などの筋筋膜疾患と呼ばれるもの。

バブルの頃はストレス性の胃炎や胃潰瘍など、内臓に表れていました。
それも段々数が減って、最近では筋肉の痛みとして出てきているようです。
流行りなのでしょうか。


うちにいらっしゃる方の多くがご自身の運動不足を認めておられます。
ほんの少し動かす時間を増やすだけで、何か少し、変化が表れるんでしょうけど。



僕の好きな歌の歌詞で、こういうのがあります。

『熱が出たりすると気付くんだ 僕には体があるって事
 鼻が詰まったりすると解るんだ 今まで呼吸をしていた事 』


健康であることの有り難さ、そうじゃなくなってから気付くものなのかも知れません。
電気が使えることの有り難さ、これもそうでした。今もそうです。


人生は等価交換。
何かを得る為には何かを失わなければならない。

ほんの少し、テレビを見る時間、ぼーっとしている時間、パソコンに向かっている時間、それらをあえて失って、今より健康でいられる時間とカラダを得るのもいいんじゃないでしょうか。


僕たち人間は動物なのです。
動かなければどこかに「ひずみ」が出てしまいます。

さぁ、動いていきましょう!


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。