腰痛、肩こり、手足のしびれなら 川崎市中原区の元住吉整体院へ!!                             この日記を読んだ方が、少しでも元気になれば最高です!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筋肉のこと (久々に真面目)
2009年09月07日 (月) | 編集 |
どーも、整体師のうちだです。

最近ブログを書いていて、仕事と全く関係ないことばかり書いてる自分に気付きました。
なのでちゃんと身体のことも書きますきゃ

今日いらっしゃった患者さんを題材にして、スタッフにいろいろ話していました。
そのかたはいわゆる「寝違え」状態です。

触った瞬間は筋肉が極度に硬くなっているので、痛みの感度がすごく高いんです。
ちょっと触れただけで激痛が走ります。
よく「硬いですね~」と言ってぐいぐい押すかたがいると聞きますが、結果は決まってもみ返し。

筋肉状態にはその人の感情も絡んでくるので、「硬いから強く押す」だと余計に警戒させてしまうし、「このやろー」と思うものです。
人間は痛いと感じると防衛本能が働いて、余計に硬くなりますからね。
たとえよかれと思って押しても、筋肉からすると単なる攻撃でしかないんですよ。


例えるなら、泣いている子供を本気で怒鳴りつけるようなものです。
余計に泣いてしまって手がつけられません。
なので対応としては「どうしたの?大丈夫だよ?」と言ってあげる事が大事なんです。

患者さん自身ででできる対応としては、痛みを怖がらないのが大切。
ま、これが難しいんですがねショック!


例えば整形外科さんが痛み止めや湿布をくれるのは、単純に痛みのレベルを下げるため。
結局回復させてくれるのは自分自身の自己治癒能力です。
そのためには痛くて動かせないよりも、痛みを忘れて動いたほうが間違いなくいいんです。
そういう意味では痛み止めは◎です。頼りすぎに注意ですが薬



最近こう言う人がすごく多いです。
「何もしてないのに痛くなりました」
それってこうも言うことができます。
「何もしてないから痛くなりました」

運動、ストレッチ、ストレス発散、会話、笑い、わかっていても忙しいとなかなかできないものです。
できることから始めてみてください。

たぶん元住吉整体院に行くのが一番簡単だと思いますウェルカム
元住吉整体院

うちだ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。