腰痛、肩こり、手足のしびれなら 川崎市中原区の元住吉整体院へ!!                             この日記を読んだ方が、少しでも元気になれば最高です!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『四十肩・五十肩』の原因
2009年11月26日 (木) | 編集 |
本日の症例による原因は、『四十肩・五十肩』です。
中年期より上のみなさまは少なからずご経験されているかと。。。

さて、『四十肩・五十肩』をインターネットにて病名検索をすると
“原因不明”や“ 1年~1年半で自然に治る”といったことが書かれております。
『うむむぅ・・・』と混乱しますが、
まず、『四十肩・五十肩』は関節障害ではありません。

人間の関節そのものが壊れるのはリュウマチ等の病気や、外傷や事故などで
物理的な負荷がかからない限りはありえません。
ましてや、リュウマチの場合は手足の指先から症状が発生する為、『四十肩・五十肩』
との関連性は殆ど皆無と言って良いでしょう。

通常に身体を使っていて、ある日突然関節がおかしくなることは
殆どありません。

ですから『四十肩・五十肩』の原因は、
肩関節と肩甲骨まわりの筋肉を普段あまり動かさない事により
肩関節と肩甲骨まわりを動かせない状態にしてしまったからです。

原則として、じっとしていればいるほど改善するのに時間がかかってしまいます。
少しずつでもいいですから動かしていくこと、
安静にしすぎないことがポイントになります。
ですが、夜間、特に就寝時の痛みはどうしようもないものです。
また、きちんと眠れないとどうしても筋肉の疲労は回復していきません。
ですからその際には寝る前などに市販の鎮痛薬(バファリンやセデスなど)などを
用法・用量を守り服用してみてください。

当院には30歳代で・・・経験済みの方もいらっしゃるようですよ!

元住吉整体院↓↓↓
http://www.motosumiyoshi-seitai.com/index.html
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。