腰痛、肩こり、手足のしびれなら 川崎市中原区の元住吉整体院へ!!                             この日記を読んだ方が、少しでも元気になれば最高です!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『坐骨神経痛』の原因
2009年11月27日 (金) | 編集 |
なかなかどうして、何もしていないし、怪我とか事故にあった訳でもない。。。
でも足の先までしびれ、痛みが出てきてどうしようもない。
お医者さんへ行っても痛み止めを貰って一時的に良くなるだけだし。。。
という症状を訴える方が多い『坐骨神経痛』です。

『坐骨神経痛』という言葉は、皆さん必ず一度や二度は耳にしたことはあると思います。
ただ、実のところ良く判らない症状のひとつだと思います。

また『坐骨神経痛』と聞くとどうしても“神経が痛みを出す”というイメージ
抱きがちですが実はそうではなく、ある部分を動かさない動作習慣により
筋肉が硬くなり、その硬くなった筋肉が坐骨神経自体を圧迫する事で
“しびれ”の症状が出るのです。
ですから、随伴症状としてある“下半身の痛み”は神経症状ではなく
筋肉が硬くなる事により血行不良障害が起きて、筋肉に痛みが出ている
状態であり神経症状では無いのです

ちなみに、坐骨神経の大きさは背骨にある神経の次に太い神経で、
だいたい手の小指ほどの太さがあります。
その太い神経がちょうど骨盤部分で左右に枝分かれしており、
ちょうどおしりの部分の筋肉を通り足先までつながっています。

『坐骨神経痛』の症状が出ると、どうしても痛みやしびれの為にその部分を
動かさなくなります。
しかし、そもそもは『坐骨神経痛』という状態こそが、その部分を動かさない
動作習慣によりなったものですから
動かさなければ症状は悪化していく一方です
だからと言って無理矢理動かすというわけではありません。
がしかし、基本的に人間は身体を動かすことがとても重要です。
動かすことで改善していくものです。

是非ご来院いただき、症状を改善する為のお手伝いさせて下さい!!

元住吉整体院↓↓↓
http://www.motosumiyoshi-seitai.com/

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。